大学編入のための小論文   対象:大学生     お問い合わせ 022−722−1365

面接では外見が大切




・・・有利な服装VS不利な服装・・・

面接では外見が大切・・・有利な服装VS不利な服装・・・

***基本は、「面接官に不快感や侮辱感を与えない服装」にする***


 服装はどのような人物(性格・能力・協調性などを外見から判断する)であるかを表示する重要なシグナルです。
面接官(=教授)は徒弟制の厳しい階段(階層組織)を上ってきた人達なので、@上下関係、A礼儀、B協調性などに非常に敏感で重視しています。ですから、くだけた服装で面接試験に臨めば、「常識知らず礼儀知らず」「面接を侮辱している」といった印象を面接官に持たれてしまいます。結果的に、意地悪な質問をされたり不合格にされたりする場合もありますので要注意です。
 やはり、きちんとした服装で望むことは面接で合否(=勝負)を決めることもあります。